へび研御意見番

244652
(一財)日本蛇族学術研究所職員(A.S.、たかちほ男爵、のら、地底怪獣バラゴン)がお答えします!!
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

ガータースネークの神経障害について - 黒J

2017/03/27 (Mon) 22:32:50

久しぶりにご質問させていただきます。
今回も、飼育に関するご質問です。私は特にガータースネークが好きで、現在も何頭か飼育しております。これまでには経験したことがないのですが、ガータースネークには割と頻繁に神経傷害の症状が出る個体があると聞き、怯えております笑
餌は現在、ほぼマウスのみで飼育しているのですが、どういった原因で神経傷害が起きるのでしょうか? もちろん、これだとハッキリ一つの要因だけではないのでしょうが、研究所の専門家の方の御意見を拝受致したく、書き込みをさせていただきました。
どうぞよろしくお願い致します。

Re: ガータースネークの神経障害について - By A.S.

2017/04/11 (Tue) 00:22:31

神経障害はヘビの封入体疾患として知られています。以前の本にはレトロウィルスによると書いてありますが、専門家の話ではアレナウィルスによるもののようです。

中枢神経障害から頭をくねらせる異常な姿勢をとるようになります。徐々に自分ではエサに噛みつくことができなくなり、最終的には死亡することになります。最初はボアやニシキヘビで知られるようになったようですが、ナミヘビ科でも見つかっているようです。

こちらでもグリーンパイソンと外で捕獲されたカーペットニシキヘビで経験しています。カーペットニシキヘビは警視庁から引き取ったもので、すでに発症していたので、おそらくそれが原因で捨てられたのかもしれません。

キングコブラの食事中断 - 木枯らし紋一郎

2017/04/09 (Sun) 10:51:57

キングコブラのお食事動画、拝見させていただきました。
そこで疑問に思ったのですが、エサとなる蛇を半分くらいまで食べている最中に外敵が迫ってきた場合、エサを噛み切ることが出来ないキングコブラはどのようなリアクションを取るのでしょうか?
動画のようにタンビマムシくらいのサイズなら咥えたまま逃げても問題ないのかもしれませんが、もっと大きい蛇だったらどうなるのでしょう。
咥えたまま逃げるのは移動速度が低下するでしょうし、吐き戻して逃げるにしても、吐き出す時間がかかるでしょうし、かといって逃げずに食べ続けるのも危険ですし…

Re: キングコブラの食事中断 - By A.S.

2017/04/11 (Tue) 00:18:09

ある程度成長したキングコブラは襲われることはほとんどないと思います。もちろん他の動物が近づけば興奮し、威嚇すると思います。キングコブラは自分が強いのを知っているので、ほとんど逃げることはしません。大きな哺乳類等を食べるわけではなく、餌がヘビなので、餌をくわえたまま頭を持ち上げて威嚇すると思います。そうすれば敵は逃げると思います。

劣化具合 匿名

2017/04/08 (Sat) 16:21:40

最近YouTubeなどの動画を見てヘビセンターの劣化具合が凄まじいと思います。
以前はシマヘビの野外飼育場が二つ?ありましたし、そこの池にもカメや鯉もいましたし、マムシの野外飼育場も充実してたと思います。
それに子供の時に見たウミヘビの飼育水槽が地味にスゴかった思い出があります。
シロヘビは仕方ないにしろ、子供の時に見た以前のような充実してた姿に戻ってほしいと思います。
流石にトータル1600円支払って行くのに躊躇してしまいます。
(ついでに洞窟も復刻してほしいものです)

Re: 劣化具合 - A.S.

2017/04/09 (Sun) 15:23:55

ご指摘のとおり古い施設で、かなり修繕はしているのですが、数人の研究員が飼育やイベントの合間に行っているため修繕が追いつかないのが現状です。
当センターはちょっと特殊な施設で、研究や講演もしていますが、動物園のようにヘビ類の展示がかなり主要な部分となっています。その入園料で運営しているわけですが、ヘビを中心としてハ虫類を展示しているため、他の動物園に比べて来園者が多くありません。昔と違ってヘビが好きだという人も増えていると思いますし、意外に女性のグループが来られますが、まだまだ十分ではありません。
また、単にヘビの展示だけでなく、体験教室やハブの採毒実演など他では見られないイベントを行うことで来園者を増やそうとしていますが、なかなか難しいのが現実です。
もちろんさらに努力して来園者の増加による収益をできるだけ修繕に回していき、来園者が楽しめる、またヘビに対する知識を深めてもらえるような施設にしたいと思います。

蛇の臭腺の役割について - まさを

2017/04/04 (Tue) 17:59:31

蛇は臭腺から出る液体で捕食を回避しようとするという話を聞きました。そこで思ったのですが、周囲にいる個体はその臭いを嗅いで逃げるなどの行動をすることがあるのでしょうか?蛇の臭いによるコミュニケーションがあったら面白いなと思いました。もしそのような観察がされている記事などがあれば教えてほしいです!

Re: 蛇の臭腺の役割について - たかちほ男爵

2017/04/09 (Sun) 14:09:52

可能性としては考えられるかもしれません。
しかし、私の専門とする分野と少し離れた内容となるので、ヘビでそういった研究がされているのか、すぐにはわかりません。

単に、においによるヘビ間のコミュニケーションということであれば、繁殖相手を探す際にフェロモンを用いていることが知られています。
これによって、性別や繁殖状態など他個体の情報を知ることができます。

展示種の紹介の充実化。 Otis Joker URL

2017/03/24 (Fri) 22:23:30

 スネークセンターの蛇百科(?)のページのヘビたちの紹介(全展示種類と習性、生息地、個体情報など)を充実してくれると助かります。

僕はヘビは緑色か白か赤色系のが好きです。

ヘビ以外の爬虫類ではワニと亀が好きです。

よろしくお願いします。

Re: 展示種の紹介の充実化。 - たかちほ男爵

2017/03/30 (Thu) 16:15:10

ヘビ達の紹介となりますと、プチへび研というページになるでしょうか。

実はいま、新しいホームページを作るという話がでており、スネークセンターホームページは、大幅にリニューアルされる予定です(実際には、だいぶ先になると思いますが)。
飼育動物の紹介ページが残るかどうか検討しなくてはなりませんが、貴重なご意見として今後の参考とさせていただきます。

ホームページだけでなく、園内の掲示物・動物の解説板なども新しくなってきており、一般的な説明だけでなく、その個体の特徴などを紹介しているものも作られています。今後の展示物の更新に、ご期待ください。

ヘビには綺麗な色をしたものも多いですね。
今、飼育されているヘビであれば、緑はグリーンマンバ、白はボアコンストリクター、テキサスラットスネーク、コーンスネークなどのアルビノになるでしょうか。赤はあまり展示していませんが、アメリカマムシやコーンスネークなどが飼育されています。

ヘビの他にも、イグアナ・オオトカゲ・ワニガメ・リクガメやワニではアリゲーターの仲間も飼育しておりますので、機会がありましたら、是非ご来園ください。



少しコアで古生物観点な蛇の質問。 Otis Joker URL

2017/03/21 (Tue) 01:42:03

 この前、地元のアイルランドの祭りであるセントパトリックスデイのイベントで知ったのですが、アイルランドには蛇がいないと聞きました。

蛇の化石自体もないのでしょうか?

伝説によると聖パトリックが、アイルランドの蛇を海に追いやってウミヘビになったと聞きました。

どうか情報よろしくお願いします。

Re: 少しコアで古生物観点な蛇の質問。 - のら

2017/03/25 (Sat) 10:46:32

実際、現在はアイルランドにヘビは自然分布しておりません。
また化石についても、こちらにそういった文献が見当たらなかったので、一応、Paleobiology Database(https://paleobiodb.org/)というホームページを確認してみたのですが、残念ながら、アイルランドでヘビの化石というのは見つかっていないようです。

蛇料理の廃止の意見。 和田 カブレラ 純 URL

2017/03/18 (Sat) 00:55:53

 僕はまだスネークセンターには、群馬出身の祖母が極度の蛇嫌いな影響で、一度も連れて行ってくれませんでしたので、来月あるいは再来月に行こうと思っています。

僕はまだ行ったこともいないのにあれなのですが、蛇料理は蛇を研究しかわいがっているのに対して矛盾(どちらかといえば人間の支配欲による毒蛇制圧的なイメージ)があるかと思います。

私は、父方の先祖がユダヤ系の影響と動物愛護の観点で肉が食べられません。

もちろん魚・乳・卵・はちみつ・動物エキスも無理です。

なので最低5品ほど菜食メニューの検討をお願いします。

出来れば地産地消・無農薬の野菜・果物でお願いします。

Re: 蛇料理の廃止の意見。 - H.Asai.

2017/03/20 (Mon) 18:07:57

大切な案だと思います。同じニーズです。お願いします。アニマライツ、アニミズム、トーテミズム、シャーマニズム的な観点からも可哀想です。慎重に関係者の方々、ご検討お願いします。

Re: 蛇料理の廃止の意見。 - A.S.

2017/03/24 (Fri) 23:19:41

動物愛護と肉を食べないということは別の次元だと思います。ヘビはかわいそうで豚や鳥、魚は問題ないのか、家畜ならよいのか、魚のように食料として捕獲したものならよいのか。害獣として捕獲されたイノシシなども食用とされます。
カンガルーも食用とされ、ワニも養殖されて国内でもこれらの肉は売っています。ウシガエルはもともと食用として輸入され、今でも食べられる店はあります。
熱心に動物愛護活動をしていても多くの人が肉を食べます。

少なくはなりましたが、ヘビやスッポン料理を提供する店はあります。また、昔から農村地帯などでは個人的にマムシ酒を造ったり、捕獲したマムシを食べる人もいます。

ハブは駆除のために毎年何万匹も捕獲されています。
また、蛇は昔から漢方薬の原料としても用いられています。漢方薬ならよいが料理はだめか。

法律的にはハ虫類、鳥類、哺乳類が動物愛護の対象となります。
それならカエルであれば殺しても問題はないのか、チョウやカブトムシなら何匹採集してもよいのか。違うと思います。

それではヘビに関する研究をし、飼育展示している施設がヘビ料理を提供していることが問題なのでしょうか。
このことに関しては研究所が提供しているわけではないので、関与することはできません。

スネークセンターは昭和40年にマムシ酒や漢方薬としてマムシを取り扱っている企業が展示施設として開園したものです。43年に寄付行為により財団法人となりました。以降、ヘビの生態学的、分類学的研究や、蛇毒、毒蛇咬症の研究、調査等を行ってきました。展示している部分は研究所の所属ですが、売店とレストランは創設した企業のものです。そのため、研究所としては蛇料理等に関して関与することはできません。

動物愛護の問題に関しては、このようなところで議論するのは非常に難しく、一方的な意見を書くだけになってしまいますので、申し訳ありませんが、この件に関してはこれで終わりにしたいと思います。ご了承ください。

ヘビのストレス - N

2017/03/05 (Sun) 15:05:27

私は今全長150㎝のコーンスネークを60×30×35のケージで飼育しています。飼育環境は新聞紙、水入れ、床ヒーター、暖突を揃えています。餌食いも良く体に異常は無いのですが・・・。
気になるのが、この環境でもヘビはストレスを感じているのでしょうか?(数日に一回5分以内のハンドリング時を除いて)
貴研究所のようにもっと広いケージに入れ、レイアウトも充実させた方がヘビにとっても良いでしょうか?
爬虫類飼育の本はいくつか持っていますが、貴研究所としてはどのような飼育環境がコーンスネークに最適なのか教えていただけますでしょうか・・・。

Re: ヘビのストレス - たかちほ男爵

2017/03/11 (Sat) 09:20:50

人間に飼育されて、ストレスを全く感じないヘビは、おそらくいないでしょう。

最適な環境は、本来その種がくらしている場所(自然の中)のはずです。これを可能な限り、シンプルに再現できれば、飼育環境としては良いのかもしれません。人間と暮らす中で、その種にあった飼育環境をどの程度用意してあげられるかを考えることになります。

内容を読ませていただきましたが、今のままでも、十分な飼育環境であるように思います。
糞をしてすぐに掃除ができるのであれば、底面は新聞でも問題ないかと思います。
おそらく、時期によって温度も調節されていると思いますので、ヒーター類の使用に関しても大丈夫かと思います。
ケージの大きさも、小さすぎるようには思いません。
レイアウトに関しては、シンプルなものでよいかと思いますが、神経質な個体には隠れ家を用意します。
また、脱皮の際に、抜け殻をひっかけられるような石などがあると、脱皮はスムーズにできます。

土・砂・流木・立体的な背景などを用意すれば、見た目は良くなります(人間から見て)。
ただ、掃除などの管理が少し大変になります。

ヘビを飼育されている方の中には、どのヘビも同じ環境で飼育してしまう方がいます。これは、やはりよくありません。現在3500種以上のヘビが発見されていますが、これは地球上の様々な環境に適応した結果です。つまり、それぞれふさわしい環境は異なることが考えられます。
Nさんのように、その種・個体に合った飼育環境を考えてあげることが、飼育者として大切なことなのだと思います。

ご提案 - 匿名

2017/02/18 (Sat) 08:59:00

https://twitter.com/kemo_anime/status/826704069947379713
http://look-down-scorpion.hatenablog.com/entry/2017/02/09/095357

現在放映中の「けものフレンズ」というアニメーション番組でキングコブラ・ツチノコが出ています。作中アイキャッチに動物園飼育員による初学者向け学術解説が有ります。

研究員による一般向け講座のご参考までにどうぞ。

ヤマカガシ? まーちん

2017/01/31 (Tue) 12:37:34

はじめまして。一昨年の11月中旬、和歌山県南部の山間部のちょっとした水路のそばで謎のヘビを見ました。
写真のヘビですが、色はヤマカガシっぽいものの頭の形が変わっているので。。。
ずっと気になっているので判定いただけましたら幸いです。

Re: ヤマカガシ? - A.S.

2017/01/31 (Tue) 15:43:17

近畿、中部地方の全身が緑っぽいヤマカガシのようですが、首を広げた威嚇の姿勢です。特に山の方のヤマカガシは大きく、1.5mほどになりますが、このように威嚇してくると迫力があります。このサイズでも牙の長さは2mmほどですが、咬まれると非常に危険ですので、気を付けてください。

Re: ヤマカガシ? - まーちん

2017/01/31 (Tue) 16:13:21

ありがとうございました。
次回からむやみに近づかないよう注意します。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.